眉毛 薄く 病気

眉毛が薄くなってきている人はある病気が原因かも

スポンサーリンク

眉毛が薄くなり悩みを抱えている人は多いはずです。
しかし、これには原因がありある病気が潜んでいる恐れがあります。

薄くなる理由としては様々あり、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などが原因でなることもありますが、ホルモンが影響して眉毛が薄くなるという現象を引き起こしているケースが高いと言われています。

その病気の名を「甲状腺機能低下症」といい、自己免疫疾患の一つであります。
甲状腺ホルモンは毛の発達にも関係しているため、その機能が低下していると眉毛が薄くなったりと生えてこなくなったりする現象がでてきます。
症状にも種類があり体全体の倦怠感や記憶力の低下、体温低下、皮膚の乾燥、脱毛、顔のむくみなどの症状がでてきます。
スポンサーリンク

「甲状腺機能低下症」は軽症であるとなかなか気づかれにくく中等症であると見落とされることがあったりするため、別の病気と誤診されるケースが高い場合があります。

そのため病院で検査を受けたい時は専門医がいるところを受診したほうが無難であります。

治療法については甲状腺ホルモンを投与していく内服療法となり、不足している甲状腺のホルモン剤を内服することになります。
1日1〜2錠を飲み続け定期検診でバランスを見ながら薬の加滅をしていきます。

効果はひとによって異なりますが、早い人は数ヶ月・遅い人は数年間で薬を飲まなくてもよい状態まで回復します。
そういった場合はホルモンのバランスがしっかりととれているかどうかの確認をするために3ヶ月〜半年起きの血液検査となります。
スポンサーリンク