眉毛 脱毛症 原因

眉毛脱毛症の原因について

スポンサーリンク

眉毛脱毛症の原因は、円形脱毛症であることが考えられます。
円形脱毛症は、髪の毛やまつげ、ひげなど体毛の特定の部位だけが抜け落ちてしまうことです。
年齢や性別関係なく発症しますが、比較的若い30代前後の年代に起きることが多いと言われています。
脱毛している部位が一部の場合もあれば、複数ある場合もあり、体毛がほとんどなくなってしまうこともあります。
眉毛が抜けている場合は頭部にも脱毛部位がある場合があります。
ストレスが引き金で起きると考えられています。
しかし、一番の原因は自己免疫反応が作用することで起きると考えられています。
外的刺激物に対して抵抗して身を守る自己免疫反応が、外敵ではなく自分の身体に作用してしまいます。
自己免疫反応が起きる原因としては、遺伝があげられます。
親兄弟に似たような症状がある場合は、同じ家系内で発症する可能性が高くなります。
ストレスが溜まった後に少しずつ発症するケースが多いです。
スポンサーリンク

眉毛の一部や範囲が狭い場合は、自然と治る場合があります。
しかし、急に症状が出たり、再発したり、長期にわたって症状が出る場合、脱毛範囲が広い場合は治療が必要になることがあります。
塗り薬としてステロイドを使って炎症を抑える薬や脱毛部位の血流を良くする薬を使います。
抗アレルギー薬や血行を促進する飲み薬、注射薬なども使われることがあります。
美容的に気になる場合は、ウィッグを使ったり化粧などで毛量を増やしたり足りない部分を補ったりします。
脱毛症の場合、体には何も異常がなくただ体毛が抜けるという症状がある場合がほとんどです。
日常生活で改善することは特にありませんが、精神的なダメージが大きいのでストレスを溜めないように心がけます。
また、毛穴を清潔に保つことで新しい毛の再生を促すことが出来るので、常に清潔な状態を保つようにします。
血行を良くするためにも、入浴を心がけて脱毛部位の周辺の皮膚をマッサージすることも大切です。
スポンサーリンク