まゆげのかゆみ 治療 漢方

まゆげのかゆみの治療には漢方による改善が最適

スポンサーリンク

皮膚の抵抗力が落ちることにより、脂漏性湿疹を引き起こしやすくなり、症状の1つとしてまゆげのかゆみを挙げることができます。
まゆげに原因があるのではなく、皮膚トラブルからかゆみが生じているのが特徴で、皮脂が過剰に分泌し、カビ菌が繁殖して引き起こる皮膚炎です。
赤ちゃんや幼児に多く見られる症状であり、まゆげのかゆみ以外にも瞼のまわりや頭皮なども同じ症状に見舞われるケースが多いのも特徴です。
かゆみから悪化し、赤みを招きやすく、またフケやニオイなども現れてくるのが二次症状となり、乱れた食生活や代謝の悪さ、免疫力の低下などが要因と言えます。
通常、皮膚のかゆみであるために皮膚科での治療が提案されており、炎症を抑えるステロイド剤などの塗り薬による治療が一般的ですが、かゆみを抑えると同時に皮膚免疫も抑えてしまいやすく、幼児向きとなる治療法として難色が示されています。
対策としてスキンケアも重要視すべき内容で、患部を清潔に保ち、適度な潤いを保つことは必要なケアです。
スポンサーリンク

根本的な治療には漢方薬を用いることがポイントとなり、処方1つで現在現れている症状を抑制させる働きはもちろん、皮脂の分泌調整や抵抗力の改善などの働きを行うため、今後発展してしまう内容の症状とも向き合うことができ、予防にも繋げられるのが特徴です。
漢方で用いるケースが多いのが十味敗毒湯や黄連解毒湯で、まゆげのかゆみや皮膚炎に効能が期待される漢方薬です。
通常、2週間程度の継続した服用によって身体全体に漢方が浸透するものの、肌のターンオーバーと合わせ、6週間程度の継続した服用で症状に変化が現れやすく、穏やかな作用が漢方治療の特徴の1つです。
生活習慣などによって、改善したり元に戻りやすいのも脂漏性湿疹ならではで、生活の質を高める意味合いも含め、半年程度の治療期間で取り組む姿勢も大切です。
また、まゆげのかゆみは毛の刺激によっても引き起こるケースもあり、可能であればまゆげを剃ることで症状を和らげることも可能となります。
スポンサーリンク