甲状腺腫瘍 手術 費用

甲状腺腫瘍の手術費用について等

スポンサーリンク

甲状腺腫瘍とはその名の通りに甲状腺に発生する腫瘍の事で、悪性のものと良性のものに分かれます。
また悪性と一口に言っても進行が緩やかな乳頭がんや、悪性度が高い未分化がん等といった種類があります。
 甲状腺とは喉仏の下にある喉の器官の一つで、ちょうど蝶が羽を広げたような形をしている事でも知られています。
甲状腺は数種類のホルモンを分泌する事を主な役割としていて、その代表的なものが甲状腺ホルモンになります。
甲状腺ホルモンには新陳代謝を活発にする働きがあり、この作用によって日々を元気に活動的に過ごす事が出来るのです。
 甲状腺腫瘍は別の部位からの転移等で起こる事は少なく、基本的には甲状腺細胞が自律的に異常を起こす事で発生します。
ちなみに外部から甲状腺が刺激を受けると腫れる事がありますが、これは甲状腺腫瘍とは別のものとして扱われます。
 甲状腺腫瘍が発生する原因については現在でも分かっていない部分が多く、今も研究が続けられています。
スポンサーリンク

 甲状腺腫瘍が発生した場合に現れる症状については、良性か悪性か等によって内容が異なってきます。
良性の場合には甲状腺が腫れるという症状が現れるのですが、それ以外に自覚症状が現れる事は少ないです。
これに対して悪性の場合には種類によって違いますが、未分化がん等の場合には急激な甲状腺の腫れ等が見られます。
この甲状腺の腫れに伴って痛みや発熱が起こる事もあり、またひどい場合には呼吸困難が起こる事もあります。
 甲状腺腫瘍の治療方法は状況等で異なりますが、甲状腺ホルモンの投与や手術等が一般的な治療方法となっています。
ただ甲状腺ホルモンの投与は副作用として骨粗しょう症を招く場合があるので、治療に際しては慎重な判断が必要となります。
腫瘍が良性の場合には経過観察という方法もありますが、悪性腫瘍の場合には手術を行うのが基本です。
 甲状腺腫瘍の手術は腫瘍そのものとその周辺のリンパ節の切除を行いますが、転移がある場合には甲状腺全ての切除となります。
 ちなみに手術となると気になるのが費用についてですが、この費用は手術内容等によって異なるので一概に費用を言いきるのは難しいです。
ただ一般的には悪性ならば20〜30万円程度の手術費用、良性なら15〜20万円程度の手術費用を自己負担する事が多いとされています。
またこの手術費用に入院に関わる各種費用も加算されるので、実際にはもう少し自己負担額は増える事になります。
スポンサーリンク