甲状腺ホルモン低下症 症状

甲状腺ホルモン低下症の症状と検査や治療について

スポンサーリンク

アトピーで眉毛が痒くて掻いてしまううちに、眉毛が抜けてしまうことがあります。
それ以外では眉毛が抜ける病気の一つとして、甲状腺ホルモン低下症があります。
患者は男性よりも女性の方が圧倒的に多く、軽い症状の人まで入れると40歳以上の女性全体の約5パーセントの人にこの病気がみられます。
この病気では体のあらゆる部分でエネルギーの利用が十分にできないので、眉毛が抜ける以外にも様々な症状が起きます。
全身の強いだるさや皮膚の乾燥、皮膚の活動の低下による汗の減少や便秘などが主な症状です。
体重も増加します。
さらに甲状腺ホルモン低下症がかなり進行すると、代謝が低下するので粘膜水腫と呼ばれる皮膚や組織の症状がはっきりとした浮腫みが起こります。
この浮腫みを指で押しても全く跡ができません。
甲状腺ホルモン低下症で一番問題となる症状は、年齢の割に老けてしまうことで起こる動脈硬化です。
また、子供の場合の甲状腺ホルモン低下症では、知的障害や発達障害になる場合があります。
スポンサーリンク

自分に甲状腺ホルモン低下症の心当たりがあれば、採血をすることで抗甲状腺抗体などの特定の項目を測定して原因を調べることで診断してもらえます。
職場などを通して受ける一般の健康診断でも、クレアチンやコレステロール値が基準値の上限より高くなることがきっかけで、甲状腺ホルモン低下症が発見される場合があります。
甲状腺ホルモン低下症では、症状や原因にかかわらず甲状腺ホルモンが投与されます。
現在では基本的に錠剤を用いて治療します。
錠剤は寝る前に飲みます。
他の内服薬や食事が薬の血中濃度に影響を与えないようにするためです。
甲状腺刺激ホルモンなどを測定して、基準値内に納まれば、決められた量の薬を長期間服用することによって、薬の副作用の心配がなくなります。
定期的な検査を継続的に行うことで、薬の服用の中止を検討していく場合もあります。
以上のように甲状腺ホルモン低下症の症状に気が付いたら、早めにかかりつけの病院か専門の病院で検査を受けることが大切です。
スポンサーリンク