甲状腺 腫れ 何科 病院

甲状腺の腫れは病院の何科を受診するのか

スポンサーリンク

何気なしに喉を触っているときに腫れていると感じることがあります。
喉の部分には甲状腺と呼ばれる部分がありますが、甲状腺が腫れているときには病院の何科を受診すればいいのかわからないという人が少なくありません。
何科を受診すればいいのかわからないときには、病院に電話をしたときに症状を伝え、確認するようにします。
これで何科を受診すればいいのかわかります。
甲状腺が腫れる原因はいくつかあります。
その原因によって病院の何科を受診すればいいのかと言うことがかわってきます。
甲状腺は首にあるホルモンを作る臓器のことになります。
異常がないときには触ってもわからないのですが、何らかの病気を発症しているときには腫れているのですぐに異常を発見することができます。
したがって毎日の生活の中で鏡を見ながら確認すると言うことも大切になります。
甲状腺が腫れてしまうと何科を受診すればいいのかわかりません。
甲状腺が腫れる原因として考えられているのは、バセドウ病や橋本病になります。
スポンサーリンク

その中で甲状腺の病気としてバセドウ病がありますが、これはホルモンがたくさん分泌され、全身の代謝が高くなってしまう病気となります。
家族にこの病気を患ったことがあるという場合には、発症することが多いので、遺伝的な要因が関係していると考えることができます。
ホルモンがたくさん分泌されることで全身の代謝が高くなってしまうので、食欲があるのに体重が低下したり全身に汗をかいたり手足の震えや息切れを起こしやすいという症状があります。
この場合病院の何科を受診すればいいのかというと、内分泌科や内科となります。
橋本病という病気がありますが、これは顔が腫れたような状態となります。
自己免疫の異常によって発生する炎症となります。
炎症は何年もかけてゆっくりと進むので自覚症状が少なくなっています。
記憶力の低下や便秘や寒気などがあります。
この場合病院を受診する必要があります。
病院の何科を受診すればいいのかというと、内科や内分泌科、このほかに甲状腺科を受診するようにします。
症状によって選ぶ病院が異なります。
スポンサーリンク