甲状腺ホルモン低下症 原因

甲状腺ホルモン低下症の原因と治療について

スポンサーリンク

自分で眉毛を触っていないのに眉毛が抜ける場合などは、甲状腺ホルモン低下症という病気の可能性があります。
中でも眉毛の外側の部分の約半分が薄い場合はその危険性があります。
甲状腺ホルモン低下症は、甲状腺機能の異常で甲状腺ホルモンの調節が困難となり、血中の甲状腺ホルモンの分泌量が不十分となる病気のことです。
この病気は女性患者の方が男性患者に比べて10倍以上多いです。
甲状腺ホルモンの分泌量が不十分になる原因は色々あります。
主には、甲状腺自体に原因がある原発性機能低下症の場合と、甲状腺ホルモンの分泌量が低下することが原因である続発性機能低下症の場合があります。
原発性機能低下症は甲状腺の手術などが原因で起こる場合がありますが、慢性甲状腺という甲状腺の慢性的な炎症が原因で起こることが多いです。
たとえ慢性甲状腺炎になったとしても、甲状腺腫ができるくらいで甲状腺ホルモン低下症の症状はほとんど出ません。
また、何かの病気などに対して病院から処方される薬の使用が原因で甲状腺ホルモン低下症が起こる場合があります。
スポンサーリンク

甲状腺ホルモン低下症では、眉毛が抜ける以外に、昼も夜も眠くなるとか、体全体に強いだるさを感じるとか、集中力や記憶力が低下するといった症状が起きる場合があります。
また、体温が低下して夏でも汗をかかずに肌が乾燥したり、顔がむくんだりします。
汗をかかないので体重が増加しますし、便秘の症状が起きる人もいます。
さらに声が低くなってかすれたり、女性では3ヶ月以上月経が来なくなる可能性もあります。
また、眉毛以外に共に髪の毛が抜けることこともあるのでかつらが必要になる人もいます。
頭だけでなく眉毛まで隠せるかつらがあります。
眉毛が抜けたけれど化粧で眉毛を描くことができない男性にとって、眉毛を隠せるかつらの存在はありがたいです。
様々な原因がある甲状腺ホルモン低下症ですが、甲状腺ホルモンの投与が治療の基本となります。
現在では錠剤を用いて甲状腺ホルモンが投与されます。
他の薬や食事から影響を受けないために甲状腺ホルモンの薬は寝る前に使用します。
症状の回復とともに甲状腺ホルモン低下症の薬を飲まなくて良くなります。
よって病院で定期的に検査を受けて治療していくことが大切です。
スポンサーリンク