甲状腺機能低下症 症状 むくみ

甲状腺機能低下症のむくみの症状と治療について

スポンサーリンク

足などのむくみは、ほとんどの場合が時間の経過とともに治っていきます。
しかし、むくみが症状として発生する病気の一つに甲状腺機能低下症があります。
甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなる病気で、何もしていないのに眉毛が抜ける場合などにこの病気が疑われます。
症状が軽いものまで含めて40歳以上の女性が最も多い病気です。
甲状腺は喉仏の下にあり、血液中に体全体の代謝を促すホルモンを出す部位です。
甲状腺ホルモンは基礎代謝量を上げるという重要な役割を果たします。
甲状腺ホルモンの減少で全身の基礎代謝量が低下します。
その結果、疲れることをしなくても眠気やむくみなどが起こります。
基礎代謝量の低下とともに体重が増えるなどの全身症状が見られる場合もあります。
甲状腺機能低下症の症状として起こるむくみは粘液水腫と呼ばれますが、これは押しても凹まず痕が残りません。
甲状腺機能の低下が長い期間続くと、ナトリウムや水分の移動によってむくみが起きます。
心臓の周りにも水がたまって心機能が低下する場合もあるので、むくみは放っておかないように気をつける必要があります。
スポンサーリンク

甲状腺機能低下症で起きる様々な症状は軽いので、加齢や体調不良が原因だと考えて病院へ行かない人がいます。
中高年の女性の中には、老化現象と勘違いして甲状腺機能低下症のむくみだとは気が付かない人も少なくありません。
病気が進行すると粘膜までむくんで、声が低くなったりかすれたりする場合があります。
血中の甲状腺刺激ホルモンを測定することで、様々な症状が出る甲状腺機能低下症に対して、この病気かどうかを確実に確かめることができます。
甲状腺ホルモンの異常が、女性にとってむくみが解消されない一番の原因だと考えられています。
普段より体が疲れやすい場合は甲状腺機能低下症を疑うことが、体の健康を維持するために大切です。
甲状腺機能低下症では病気の程度にかかわらず、甲状腺ホルモン剤を用いた治療が行われます。
しかし、ホルモン剤の服用で症状が落ち着いてきたとしても、病気が完治したわけではありません。
自己判断でホルモン剤を中止すると症状が再び現れます。
ホルモン剤を中止するタイミングについては医師の指示に従うことが大切です。
スポンサーリンク