眉毛 薄くなる 病気

眉毛が薄くなる病気とは

スポンサーリンク

眉毛にも生え変わるサイクルがあるのである程度は自然に抜けるものですが、地肌が透けて見えるくらい薄くなる場合は以下のような病気が原因である可能性があります。
アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能異常や免疫の過剰反応などが原因でかゆみを伴う湿疹ができる皮膚の病気です。
目の周りは皮膚が薄いので目の周りにできた湿疹はかゆみが強くなります。
そのため、無意識に目の周りをかいてしまい、その結果眉毛が抜けて薄くなることがあります。
また、アトピー性皮膚炎を発症して皮膚に炎症が起こると毛穴から熱を排出するために眉毛が自然に抜けて薄くなることがあります。
アトピー性皮膚炎はなかなか治らないことが多いので根気強く治療を続けることが大切です。
円形脱毛症は髪の毛だけでなく眉毛にも起こる病気なので、円形脱毛症が原因で眉毛が薄くなることもあります。
この病気はリンパ球が毛包を攻撃して壊すことで発症する自己免疫性疾患と考えられていますが、具体的な発症の原因やメカニズムはまだ解明されていません。
スポンサーリンク

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌量が減少することで身体機能が低下し、様々な症状が現れる病気です。
具体的には倦怠感や冷え性、肌の乾燥、記憶力や計算力の低下などの症状が現れます。
また、甲状腺ホルモンは毛の発達にも関係しているので、眉毛が抜けて薄くなることや生えてこなくなることもあります。
この病気の治療は甲状腺ホルモン剤の内服が中心であり、早い人は数か月で回復することもあります。
ただし、効果には個人差があるので人によっては数年間甲状腺ホルモン剤を内服し続けなければいけないこともあります。
これらの病気を発症していないのに眉毛が薄くなる場合は生活習慣の乱れが原因である可能性もあります。
具体的には偏食やアルコールの過剰摂取、運動不足、睡眠不足などです。
また、精神的ストレスが溜まると自律神経やホルモンバランスが乱れるので眉毛が薄くなることがあります。
その他にも洗顔が不十分で余分な皮脂や汚れが毛穴をふさいでいたり、メイク落としやシャンプーや洗顔料の洗い落としが不十分だったりすると眉毛の成長が妨げられて薄くなることがあります。
スポンサーリンク