眉毛 生えない 病気

眉毛が生えない病気について

スポンサーリンク

眉毛を抜いて形を整えようとしたことが原因で、気が付いたら眉毛が生えないようになって悩む人は少なくないです。
眉毛が生えない原因は、抜きすぎやストレス、鉄分の不足や皮脂で埋まった毛穴などがあります。
他には眉毛が生えない病気というものがあります。
眉毛の抜きすぎによって生えない人が多いですが、眉毛が目尻の外側に生えない人は病気が隠れている可能性があるので病院で検査を受けることが大切です。
採血などで甲状腺機能低下症という病気が発見できるかもしれませんが、患者数が女性の方が男性よりも数倍多いです。
40歳以降の女性や高齢女性では軽い症状のものを含めるとかなりの人がこの病気になっています。
異物を認識し排除する役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な甲状腺に過剰に反応して攻撃することで破壊してしまう病気です。
急激に甲状腺ホルモンが低下すると昼でも夜でも疲れが強くなり、頭を使う作業の能率が下がります。
顔がむくみ、声も低くなり、体温の低下による乾燥で夏でも汗をかかなくなってしまいます。
スポンサーリンク

男性でも美容目的で脱毛したことが原因で、抜いた眉毛が生えなくなる人が増加傾向にあります。
レーザーなどで人工的に脱毛を繰り返すと毛が生えないようになります。
毛を抜かないことがこの状態の対策法です。
また、栄養不足も原因の一つに挙げられますが、発毛に必要な栄養が足りていないことを表すので近年でも当てはまります。
乱れた食生活が原因で、体の持つ機能を低下させるので鉄分やビタミンBを多く含む食事を摂取することが対策法になります。
また、甲状腺機能低下症も眉毛が生えない原因として考えられます。
甲状腺ホルモンによって体内の新陳代謝の機能が損なわれることで、発毛に影響が出ます。
前述通り男性よりも女性の方が患者の多い病気ですが、心当たりがないのに脱毛が続くときは、病院で検査を受けることが隠れた病気の発見に繋がることがあります。
原因に心当たりの無い脱毛について改善されなければ皮膚科に受診します。
発毛剤の処方を受けて毛根を活性化させることで再び眉毛が生える可能性が出てくるからです。
スポンサーリンク