眉毛 薄い アトピー

アトピーで眉毛が薄い状態を改善するためのアトピーの治療について

スポンサーリンク

アトピーの人は顔に症状が酷くなると、眉の部分を掻きすぎてしまって眉毛が薄い状態になります。
アトピーの人の痒みは相当なもので、かゆいのを我慢できなくて起きる刺激が、原因の1つとして考えられています。
また、体内に熱がこもって皮膚を乾燥させているので、熱を緩和させるための眉毛を掻いて熱を排出しようとします。
目やにで老廃物を目から出すのと同じで熱を出すために目の周りがかゆくなるのです。
アトピーは、他人が見たときによく目立つので、かゆみの症状が酷くて掻きすぎてしまった場合は、家の外に出かけて他人から見られるのが辛くなります。
そして眉毛が抜けて薄いと、表情が不自然で人相も変わってしまいます。
その結果、他人から見られるのが更に億劫になり、外へ出かけられなくなり、精神的にも辛い思いをします。
大人の女性であれば薄い眉毛は化粧で描いてごまかせますが、子供や男性の場合はその方法が使えないので大変です。
さらに顔のアトピーの症状が進むと、薄い眉毛も全て抜け落ちてしまうことがあります。
スポンサーリンク

しかし、アトピーの状態が良くなると、薄い眉毛は徐々に生えてきます。
アトピーは皮膚科でステロイドを処方してもらうことで、症状を抑えることができます。
しかし、熱がこもることについてはステロイド等の外用薬で治療することはできません。
ステロイドで皮膚のかゆみや赤みを抑えることはできますが、体内で起きている原因を取り除く効果はありません。
また、カロリーが高い食事は、エネルギーの消費によって体内に熱をこもらせるので薄い眉毛の改善のためにカロリーを意識することは大切です。
しかし砂糖や油脂を含む食べ物を控えてもアトピーが完治するわけではありません。
しかし日常生活で少しでもかゆみを抑えるために工夫することができます。
ワセリンなどの保湿剤で乾燥を防止することでかゆみを減らせるので、顔のアトピーの改善に繋がります。
冬場は特に乾燥するので加湿器の使用でも肌を保湿できます。
しかし、加湿器はきちんと手入れしないとダニが発生するので顔がかゆくなり、眉毛が薄い状態に逆戻りしてしまいます。
皮膚科の医師の指導に従って薬を塗り、保湿剤や必要に応じて清潔で新しい加湿器を使用することでアトピーによるかゆみを抑え、眉毛が薄くなるのを防ぐことが大切です。
スポンサーリンク