眉毛 抜く 病気

眉毛を抜く病気について

スポンサーリンク

日常生活で嫌なことがあったりつらい思いをすることは、誰でも経験があることではないでしょうか。
働く大人や学生はもちろん、早ければ幼稚園や保育園に通う幼児にも日常にストレスは潜んでいます。
ストレスを解消することができれれば良いのですが、ストレスの解消をする術を持たない場合はそれが日々蓄積されていくことになります。
不安や心の安定を保つために、眉毛を抜く人がいます。
無意識にストレスを感じた時に起こるもので、眉毛を抜くことで一時的に心が落ち着くと言われています。
見ている家族は、そういった行為を目にすると何かの病気眉毛ではないかと心配になります。
本人もまた、その行為に気づいたとき同じように病気ではないかと不安になるものです。
スポンサーリンク

眉毛を抜くのが癖である人と、それが病気であると診断される人の違いは非常に曖昧なのです。
眉毛に限らず、髪の毛や他の体毛でも同じことが言えます。
体毛を抜いてしまうことが問題なのではなく、抜いてしまった毛がはえてこなくなるかどうかが判断の基準の一つと言われています。
頻繁に毛を抜いてしまったとしても、その場所から再び毛がはえてくれば「癖」という解釈になります。
再びはえてこないほどに抜いてしまうのであれば、「抜毛症」という病気と判断されます。
抜いてしまうことをやめのではなく、根底にあるその人の心の不安やストレスを解消したり改善することが最も重要なことだと言えます。
とくに自分で気持ちを伝えることが難しい幼児や低学年の児童に対しては、周囲の大人の対応が鍵となります。
スポンサーリンク